腸閉塞の症状

スポンサーリンク

腸閉塞の症状とは?

腸閉塞とは、大腸や小腸で食べた物や消化液の流れが滞り、腸に詰まった状態を言います。

 

腸閉塞の原因は、腸が外側から圧迫されたり捻じれたりした場合や、腸捻転(ちょうねんてん)など様々な原因がありますが、腸閉塞によるショック状態になったら、一刻も早い手術が必要になります。

 

一体腸閉塞の症状とは、どのようなものがあるのでしょう?

 

 

<腸閉塞の症状 その1:お腹が張る・腸が鳴る>

 

腸閉塞になる直前は、お腹が張ってきたり、腸がゴロゴロ鳴る、などの症状が見られることがあるようです。

 

痩せた人の場合は、お腹の外からも腸がムクムク動くのが見えることもあるそうです。

 

しかし、突然激しい症状が起きることも多いですので、この限りではありません。また腸閉塞になる前は便秘がちなることも多いようです。

 

 

<腸閉塞の症状 その2:激しい腹痛>

 

腸閉塞になると、激しい腹痛の症状が出ることが特徴です。腹痛はキリキリと強い痛みが起き、しばらくすると少し和らいで、再度強い痛みを発症する症状が続きます。

 

しかし、腸間膜も圧迫されたり、捻じれたりする腸閉塞の場合は、激しい腹痛が収まることはなく、時間と共に脈や呼吸も弱く早くなってショック状態になる為要注意です。

 

 

<腸閉塞の症状 その3:吐き気やおう吐>

 

腸閉塞での激しい腹痛と吐き気に襲われると、ついに嘔吐する症状になることがあります。

 

嘔吐した吐しゃ物は、最初は白や透明で酸っぱい胃液や黄色で苦い胆汁が見られますが、進行すると小腸や大腸から逆流してきた腸の内容物になります。

 

その嘔吐した腸の内容物は、下痢便のような色合いで、便のような臭いを伴うようになるそうです。

 

尚、吐しゃ物が黄色の胆汁の際は、小腸の上部が詰まっていることが多く、下痢便のような色合いの場合は、腸の下部が詰まっていることが多いようです。

 

嘔吐した直後は一旦腹痛や吐き気は治まりますが、再び吐き気や強い痛みに襲われることが多いようです。

 

 

<腸閉塞の症状 その4:発熱>

 

腸閉塞が酷くなり、ついに腸が破裂すると、発熱しやすくなるようです。

 

また、冷や汗や頻脈、意識混濁、血圧低下、血液濃縮といったショック状態になることもあるようです。

 

 

<腸閉塞の症状 その5:下痢>

 

腸閉塞により、腸が完全に閉塞すると、重度の便秘になりますが、部分的な閉塞の場合は下痢になることも多いようです。

 

また、病院で腸閉塞の処置をし、腸閉塞が解消されると、今度は多量の消化されていない食べ物が大腸へ流れ込むことになる為、下痢の症状が出ることがあるようです。

 


スポンサーリンク