偽性腸閉塞

スポンサーリンク

偽性腸閉塞とは何ですか?

偽性腸閉塞という病気を聞いたことはありますか? 偽性腸閉塞とは、食べたものが詰まってきて腸閉塞のような症状になる病気を言います。

 

しかし、『偽性腸閉塞』は腸閉塞とは異なりますが、しばしば腸閉塞として手術されてしまい、手術後に切った腸を調べたり、他の検査で初めて『偽性腸閉塞』だと判明することも多いようです。

 

一体偽性腸閉塞とはどのような病気なのでしょうか? そして偽性腸閉塞の予防には、どのような方法があるのでしょうか?

 

 

<偽性腸閉塞とは何ですか?>

 

偽性腸閉塞とは、腸の動きが悪くなり、食べた物がなかなか腸から先に進まず、閉塞を起こしてしまう病気を言います。

 

普通の腸閉塞の場合は、何らかの原因で腸が塞がったり、腸がねじれることで発症することが多いですが、偽性腸閉塞は腸管の輸送機能が低下することで発症する点が異なります。

 

よって、腸の動きが悪い箇所を切除したとしても、偽性腸閉塞が完治する訳ではないのです。

 

偽性腸閉塞が進行すると、腸が膨らんで圧迫される為、栄養の吸収が出来なくなり、体重が減ってくることも特徴の1つです。

 

また、腸が腫れることによってお腹の中でねじれてしまい、腸内で血行障害が発症し、手術が必要になることもあるようです。

 

偽性腸閉塞の影響で、吐き気や激しい腹痛により食事がとれない場合は、チューブや点滴で栄養を補給する必要があります。

 

偽性腸閉塞が重症化すると、それでも対応できない為、小腸の移植を行うこともあるようです。

 

 

<偽性腸閉塞の原因とは?>

 

偽性腸閉塞の原因には、元々全身性硬化症や筋ジストロフィーなどの全身疾患が引き金となる『続発性』と、原因不明で発症する『原発性』の2種類があるようです。

 

『原発性』の偽性腸閉塞の原因は不明ではありますが、元々酷い便秘症の方や遺伝的要因があるようですので、お心当たりのある方は特に注意が必要だと言えます。

 

 

<偽性腸閉塞の予防法とは?>

 

偽性腸閉塞は、食べた物が腸内で運ばれる速度が遅くなる病気ですので、早食いを止め、ゆっくり食事を取ることが効果的です。

 

また、一度に大量に食べると、腸内で消化吸収がされず、食事が詰まってしまい、腸閉塞の症状が悪化してしまいます。

 

よって、食事を取る時は、少量を小分けにし、時間をかけてゆっくりと食べることが大切です。

 

 

<偽性腸閉塞の注意点とは?>

 

偽性腸閉塞になると、小腸の動きも悪くなるため、便秘だけでなく、下痢になることも多いようです。

 

下痢になると、腸に食べ物が詰まることなく排出される為、偽性腸閉塞の症状は和らぎます。

 

しかし、偽性腸閉塞による下痢は、体に必要な栄養素やビタミンも排出されてしまう為、栄養失調やビタミン不足になりやすいので注意が必要です。

 

また、下痢の後に便秘になることも多く、治療を間違えると腸閉塞が悪化することもありますので、偽性腸閉塞かどうかは不明でも、なるべく早く医師の診断を受けるようにしましょう。


スポンサーリンク