腸閉塞の予防

スポンサーリンク

腸閉塞の予防法とは?!

腸閉塞になると、自分も苦しいだけでなく、長期間の入院や多額の治療費など、様々な問題が生じてきます。

 

日頃から腸閉塞の予防を心がけることが、腸閉塞予防には一番大切なことでもあります。それでは、腸閉塞を予防する方法とは、一体どのようなものがあるのでしょう?

 

 

<腸閉塞を予防する方法 その1:便秘を解消する>

 

腸閉塞を予防する為には、腸に便を詰まらせないことが大切です。便秘を解消することは、腸閉塞のリスクを下げる効果があります。

 

便秘がちの方は、調整作用のある漢方薬や下剤を服用することも効果的ですが、下剤には強い副作用を持ったものが多い為、注意が必要です。

 

また、下剤を常用することで、下剤がないと排便できない悪い習慣が付いてしまうだけでなく、下剤の効果が低下する可能性もあります。

 

よって下剤は乱用せず、酷い便秘になった時のみ、使用するようにしましょう。

 

便秘を解消する為には、規則正しい生活や、食生活の改善、睡眠を十分にとることも大切です。

 

腸閉塞予防の為だけでなく、体調管理の面からも、これらを改善させるよう心がけましょう。

 

 

<腸閉塞を予防する方法 その2:食生活を改善させる>

 

腸閉塞を予防する為には、食生活の改善も欠かせません。無理なダイエットで食生活が乱れると、便秘がちになり、腸閉塞のリスクが高まります。

 

また、肉や魚などのタンパク質中心の食事やコンビニ弁当、ハンバーガーなどのジャンクフードも、栄養バランスが乱れ、腸閉塞になりやすくなります。

 

バランスの良い食生活を心がけ、水分をこまめに摂るよう心がけましょう。また、消化の良い食事を摂るようにすることもお勧めです。

 

 

<腸閉塞を予防する方法 その3:早食いや食べ過ぎは避ける>

 

腸閉塞を予防する為にも、早食いや食べ過ぎを避けることはとても重要です。早食いや食べ過ぎは、消化器官に多大な負担を掛け、消化しきれない食べ物により腸閉塞のリスクが高まりますので要注意です。

 

食べ物をゆっくりと時間をかけて咀嚼すると、消化が良くなるだけでなく、便通も良くなり、美肌効果も高まるので一石三鳥です。

 

朝は忙しくてゆっくり食事出来ない、という方もおられると思いますが、腸閉塞を予防する為にも、少し早起きしてゆっくりと食事を取るようにしましょう。

 

 

<腸閉塞を予防する方法 その4:腸内環境を改善させる>

 

先ほどの食生活を改善させることにも通じますが、腸内環境を改善させることも、腸閉塞を予防する為には大切になります。

 

腸内環境をよくする為には、ヨーグルトなどの乳製品や、味噌や糠漬け、納豆などの発酵食品が効果的です。

 

これらの乳製品や発酵食品には、善玉菌が多く含まれており、腸内環境を改善するのに非常に効果があります。

 

ただ、これらの食品を多く取り入れるにも、現代の食生活では限度がありますので、乳酸菌サプリメントを摂り入れることも効果的です。

 

毎日の食生活に発酵食品や乳製品を摂り入れつつ、乳酸菌サプリメントも取り入れてみては如何でしょう。

 

 

<腸閉塞を予防する方法 その5:ストレスを溜めない>

 

ストレスが溜まると、腸内環境を整える善玉菌が減少し、大腸菌などの悪玉菌が増殖すると言われています。

 

この為、腸内環境が悪化し、便秘や腸閉塞などの原因になることがあるようです。

 

ストレスは万病の元と言われており、ストレスを上手に解消することは、腸閉塞の予防だけでなく、心身共に健康を保つことが出来ます。

 

仕事が忙しかったり、様々なストレスが溜まってきたな、と思ったら、是非ご自分に合った方法でストレス解消を心がけるようにしましょう。


スポンサーリンク