胃痛で微熱が続くのは自律神経失調症?

スポンサーリンク

胃痛や微熱が続くのは自律神経失調症?

胃痛を感じたり、微熱が続いていて体がだるい、などの症状はありませんか?

 

実は胃痛や微熱が続く症状は、胃腸の重大な病気である可能性もありますが、実は自律神経失調症の可能性もあるのです。

 

一体なぜ自律神経失調症から胃痛や微熱が続くなどの症状が出るのでしょう?

 

 

<胃痛や微熱が続くのは自律神経失調症のせい?>

 

胃痛や微熱が続くと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、更には胃がんなのではないか?と考え、医師の診断を受けると特に問題がない、というケースがあるようです。

 

また、何か暴飲暴食をした訳でも、悪い物を食べた訳でもないのに、膨満感やお腹の張り、便秘、下痢、胃痛、微熱が続くなどの症状が見られるようです。

 

その場合、自律神経失調症が影響している可能性があり、その原因はストレスであることが多いようです。

 

自立神経は、胃腸の働きを促し、消化を助ける働きがあります。しかし、ストレスや緊張、生活リズムの乱れなどで自律神経のバランスが崩れると、胃腸が正常に機能しなくなってしまうのです。

 

その為、胃痛や胃の不快感、膨満感や便秘、下痢などの症状が出やすくなってしまうそうです。

 

また、自律神経のバランスの崩れは、交感神経と副交感神経の働きも阻害し、微熱を引き起こしてしまうこともあるようです。

 

たかが微熱と放置されがちですが、この不快な状況が続くと、更なるストレスとなり、症状を悪化させてしまうことになるそうです。

 

胃痛や微熱がいつまでも続くようであれば、早目に医師の診断を受けるようにしましょう。

 

 

<胃痛や微熱を改善する方法とは?>

 

それでは、胃痛や微熱を改善する方法とは、どのようなものがあるのでしょう?

 

胃痛や腹痛が酷い場合は、痛み止めなどで症状を緩和することが出来ますが、それは一時的なものであり、根本解決にはなりません。

 

胃痛や微熱などの症状を無くす一番の治療法は、自律神経失調症を直すことです。

 

ただ残念ながら、自律神失調症は薬を飲んだり手術をすれば治る、というものではなく、体質改善を行いながらじっくり治していく病気です。

 

医師から薬を処方された場合は、その薬を服用することは大切ですが、それと共に、自分でも改善を促すことが更に大切です。

 

まずはゆっくりと体と心を休める事です。好きな音楽や環境に身を置き、リラックスしながら、自律神経のバランスを整えましょう。

 

疲れやすい方、ストレスが多い方、疲れると微熱が出やすい方は、意識的に体と心を休める日を設定することも大切です。

 

胃痛や微熱などの症状が自律神経失調症である場合は、「休ませてくれ」という体からのサインです。

 

是非自分の体の声に耳を傾け、ゆっくりと休んでみてはいかがでしょう?


スポンサーリンク