胃痛や下痢、発熱を伴うノロウイルスとは?

スポンサーリンク

胃痛や下痢、発熱を伴うノロウイルスとは?

冬になると、胃痛や下痢、発熱を伴うノロウイルスが、猛威を振るい始めます。

 

免疫力のある大人は感染しても症状が出ない場合や軽く済む場合もありますが、症状が強い場合は大人でも胃痛、下痢、発熱で苦しむことになります。

 

また、子供や高齢者など体力や免疫力が弱い方の場合は、脱水症状から死に至ることもある危険な病気なのです。

 

知っているようで知らない、胃痛や下痢、発熱を伴うノロウイルスについて、詳しく見てみましょう。

 

 

<ノロウイルスってどんな病気ですか?>

 

ノロウイルスは、「胃腸に来る風邪」と言われるくらい、発熱を伴いながら、胃痛や下痢などの胃腸系に来やすい病気です。

 

ノロウイルスに感染すると、24時間〜48時間で発症し、胃痛や下痢、発熱など強い症状が1〜2日続き、その後徐々に回復するそうです。

 

症状が治まっても、3〜5日ほどは、便にウイルスが含まれていることもあるので、感染には十分な注意が必要です。

 

また、ノロウイルスは感染力が強く、12日以上前に汚染されたカーペットを通じて、ノロウイルスに感染するほどだそうです。侮れませんね!

 

更に、くしゃみや咳などで飛沫感染しやすく、施設内での人から人への感染も多く見られるようです。

 

 

<ノロウイルスの治療法とは?>

 

ノロウイルスのワクチンは、残念ながら現在開発中であり、胃痛や発熱を抑え、脱水を防ぐ点滴などで様子を見る対症療法が主流だそうです。

 

下痢は、感染初期の段階では、ウイルスを排泄させたほうが良い為、あえて下痢止めは使用しないようです。

 

ノロウイルスに感染中は、医師から処方された薬を飲み、水分を沢山摂る様にして、安静にします。

 

胃痛や発熱、下痢などが治まりつつあり、食べられる状態になったら、栄養のあるものを摂るようにしましょう。

 

 

<ノロウイルスの便や吐瀉物の処理方法とは?>

 

胃痛や下痢、発熱を伴うノロウイルスは、非常に強い感染力がある為、便や吐瀉物の処理にも十分な注意が必要です。

 

処理する際は、使い捨てマスクや手袋を使い、ゴーグルを付けて目を保護します。

 

作業する洋服は捨てられるものにするか、使用後は85度以上の熱湯で消毒します。

 

汚染された床を拭きとった後は、次亜塩素酸ナトリウムでふき取り、その後水拭きをしましょう。

 

処理に使った雑巾や使い捨てマスク、手袋などはビニール袋に入れて、密封してから捨てるようにしましょう。

 

この処理を怠ると、処理をした自分が下痢は胃痛、発熱を伴うノロウイルスに感染してしまいますので、十分注意しましょう。

 

 

<ノロウイルスの予防法とは?>

 

胃痛や下痢、発熱を伴うノロウイルスの予防にはどのようなものがあるのでしょう?

 

1.食品は加熱しましょう
  (85度で1分以上の加熱をすればウイルスは死滅するそうです)

 

2.石鹸での手洗い・うがいを心掛けましょう

 

3.ノロウイルス蔓延時は、感染予防としてマスクを着用しましょう。


スポンサーリンク