胃潰瘍の治療期間

スポンサーリンク

胃潰瘍の治療期間はどのくらい?

胃潰瘍になると、みぞおちの腹痛から始まり、胸焼けや嘔吐、食欲不振、下痢などを引き起こすといった症状が生じるそうです。

 

主な原因はストレスやピロリ菌と言われていますが、胃潰瘍の治療法と治療期間はどのくらい掛かるのでしょう?

 

また、胃潰瘍の治療費用はどのくらい掛かるのでしょう?

 

 

<胃潰瘍の治療法と治療期間は?>

 

胃潰瘍の治療法は、薬物治療と手術治療の2種類があるそうです。

 

通常の胃潰瘍の場合、薬物治療となり、胃に穴が開いたり、胃を切除するなど、重症化しない限りは手術治療は行わないようです。

 

胃潰瘍による薬物治療に掛かる期間は、個人差もありますが、2カ月から3か月と言われています。

 

胃潰瘍が軽い場合は、薬物治療から数日で症状が治まることもありますが、薬を飲まなくなってしまうと、症状が再発することもあるそうです。

 

胃潰瘍の治療期間中は、必ず医師の指示に従った服用期間を守るようにしましょう。

 

また、胃潰瘍の症状が悪化し、手術治療する場合は、治療期間中20日ほどは入院が必要となることが多いようです。

 

胃を切除するほど胃潰瘍が悪化している場合は、更に入院治療が必要な期間が長くなります。

 

胃潰瘍の治療期間中は、アルコールや喫煙、香辛料や高脂肪食を摂取することは厳禁となります。

 

また、ストレスを発散し、規則正しい健康的な生活を送ること、十分な睡眠を取ることが大切です。

 

胃潰瘍を早く完治させるためにも、胃潰瘍の治療期間中は上記の事柄に注意して、治療に専念しましょう。

 

 

<胃潰瘍の治療期間に掛かる費用とは?>

 

胃潰瘍の治療期間に掛かる費用は、検査薬や投薬費、注射・手術費、入院費などが挙げられます。

 

胃潰瘍の治療期間は、ほとんどの場合、投薬治療(自宅で薬を飲むだけ)になりますので、通院代を入れて、1〜2万円ほどとなるそうです。

 

その他胃潰瘍の治療期間に掛かる費用としては、初診料が数千円、注射費が1万7千円、検査費は5万円ほどだそうです。

 

手術になると、内視鏡止血で6万円、入院費は20〜40万円になってしまうことも!(注:全額自己負担の場合です。健康保険の加入者により異なります)

 

胃潰瘍の治療期間に掛かる費用だけでもかなり高額ですね!

 

たかが胃潰瘍と馬鹿にせず、早期発見、早期治療により、胃潰瘍の治療期間を短くするよう努めましょう。


スポンサーリンク