空腹感と胃痛

スポンサーリンク

空腹感がある時に胃痛になる病気とは?

空腹感がある時に、みぞおちの辺りが痛かったり、重苦しさや胃痛を感じることはありませんか?

 

実はその症状、ある病気である可能性が高く、酷くなると手術が必要になることがあるようです。

 

空腹感がある時に胃痛となる病気とは、一体なんなのでしょう?

 

 

<空腹感がある時に胃痛になる病気とは?>

 

空腹感がある時に、胃痛や重苦しさを感じるものの、食事をすると一時的に回復する症状は、十二指腸潰瘍の疑いがあります。

 

十二指腸潰瘍は、主にストレスやピロリ菌の影響で胃酸が多く出てしまう為、空腹感を感じると多量の胃酸による影響で、胃痛を引き起こしてしまうようです。

 

また、十二指腸の壁は胃壁に比べて筋層が薄い為、潰瘍が深く進行し、空腹感を感じた時の胃痛に留まらず、出血や穿孔(せんこう)を起こしやすい傾向があるそうです。

 

尚、十二指腸潰瘍の原因は、ピロリ菌の感染率が非常に高く、97%の感染率とも言われているようです。

 

とはいえ、やはりストレスが原因であることも多く、20代から40代に多く発症するそうです。

 

空腹感がある時に胃痛や胃の違和感を感じる方は、出来るだけ早く検査を受けてみるようにしましょう。

 

 

<空腹感がある時に胃痛になる病気の検査とは?>

 

それでは、空腹感がある時に胃痛になる病気の検査には、どのようなものがあるのでしょう?

 

1.X線検査:
 いわゆるレントゲン検査を言い、造影剤(バリウム)を使用して十二指腸の変形や陥没、攣縮(れんしゅく)等を確認します。

 

2.内視鏡検査:
 胃カメラ検査を言い、ファイバースコープ(内視鏡)で、十二指腸を直接観察し、潰瘍の部分に出血や浮腫、腫れなどを確認します。

 

3.組織検査:
 内視鏡検査と同時に、胃粘膜の組織片を採取し、組織診断をします。ピロリ菌の感染があるかも同時に行うことが多いようです。

 

4:血液検査:
 内視鏡検査の前に感染症の有無を調べ、赤血球・白血球などの数を測定するそうです。

 

 

<空腹感がある時に胃痛になる病気の治療法とは?>

 

空腹感がある時に胃痛になる病気の治療法には、薬物療法と手術療法があります。

 

薬物療法は、胃酸の分泌を抑制し、空腹感を感じる時に胃痛になることを防ぐ薬を服用します。

 

6週間ほど薬物治療を行えば、80%以上が治癒しますが、場合によってはその後1年間は継続服用が必要な場合もあるそうです。

 

また、ピロリ菌に感染している場合は、ピロリ菌の除菌治療の薬を服用します。

 

手術療法は、空腹感がある時に胃痛がするだけでなく、吐血や血便など、十二指腸潰瘍が進行し、出血が見られるときに行います。

 

まずは内視鏡検査で潰瘍の状況を確認し、止血治療を行うそうです。

 

最近では、医学の進歩により、ほとんどの場合は開腹せず内視鏡のみで手術が可能になったそうです。

 

とはいえ、手術治療が必要なほど悪化させることなく、空腹感を感じた時に胃痛になった時点で、医師の診断を受けることが大切ですね。


スポンサーリンク