胃痛と発熱を伴う病気・胃腸炎とは?

スポンサーリンク

発熱と胃痛を伴う病気・胃腸炎とは?

胃腸炎とは、ウイルスや大腸菌などの細菌に感染し、胃や小腸に炎症が起こることから発熱や胃痛、下痢や嘔吐などの症状が出る病気を言うそうです。

 

なぜ発熱や胃痛などの症状を伴う胃腸炎になってしまうのでしょう?そしてその対策とはどのようなものがあるのでしょう?

 

 

<発熱と胃痛を伴う胃腸炎の症状とは?>

 

胃腸炎の主な症状は、胃痛や腹痛、悪寒や37度から38度の発熱、頭痛や倦怠感、血便などが見られるそうです。

 

ただ、発熱から胃痛や下痢になったり、胃痛や下痢だけの症状で発熱しなかったりと、症状の出方には個人差があるようです。

 

激しい胃痛がある場合は、食事が喉を通らなくなり、水分不足となり、体力や免疫力が低下してしまうことが多いそうです。

 

また、吐き気や胃痛、発熱などで睡眠が十分に取れず、高齢者や乳幼児の場合は、脱水症状も引き起こし、命の危険が及ぶ場合もあるようです。

 

 

<発熱と胃痛を伴う胃腸炎の原因とは?>

 

胃腸炎による発熱や胃痛の原因は、ウイルスや菌が付着した飲食物を摂取したことによる経口感染と、人から人への二次感染があるようです。

 

ウイルスや菌が付着しやすい飲食物は、牡蠣などの貝類や生もの、十分に加熱しきれていない料理などが多いようです。

 

また、二次感染は、ノロウイルスやロタウイルスの感染者の吐瀉物や便、咳からの飛沫感染などが考えられます。

 

また、公共のトイレのドアノブにウイルスが不着していて、それに触れた手を介して感染することも多いようです。

 

 

<発熱と胃痛を伴う胃腸炎の対策とは?>

 

ウイルス性胃腸炎の場合は、1日から3日の潜伏期間を経て発症しますが、病原性大腸菌のような細菌感染の場合は、12時間ほどで症状が出始めることがあるそうです。

 

通常は1週間ほどで自然治癒しますが、感染した菌や体調によっては、数週間は胃痛や発熱が続くこともあるようです。

 

更に、ウイルス性胃腸炎の場合は、症状が治まっても、1週間ほどは便の中にウイルスが含まれていることもあるようです。

 

よってノロウイルスやノタウイルスに感染した方が家族に居る場合は、部屋の喚起をしながらトイレやドアの消毒を綿密にすることが大切です。

 

また、帰宅後やトイレを使った後、そして調理や食事の前には必ず石鹸で手を洗うようにします。

 

更に、発熱や胃痛を伴う胃腸炎が流行ってきたら、なるべく人が多い所ではマスクを着用し、飛沫感染を防ぐようにします。

 

感染させないこと、感染を広げないことが一番大切です。胃痛や発熱を伴う胃腸炎を防ぐ為にも、感染予防に努めるようにしましょう。


スポンサーリンク