胃潰瘍の食事療法

スポンサーリンク

胃潰瘍の食事療法状とは?

胃潰瘍と診断されたら、医師の処方する薬をきちんと服用し、安静に保つことが大切です。

 

同時に食事療法も胃潰瘍の治療には大切になります。一体どのような点に注意すればよいのでしょう?

 

 

<胃潰瘍の食事療法の注意点 その1:刺激物は避けましょう>

 

胃潰瘍の薬により、胃酸の出方は弱まってはいますが、潰瘍となってしまった部分に刺激物が入ると、治癒が遅くなってしまいます。

 

よって、特に以下の刺激物は胃酸の分泌を促進する効果がありますので、避けるようにしましょう。

 

アルコール、タバコ、カフェイン(コーヒー、紅茶、お茶などに含まれています)、炭酸飲料、かんきつ類、香辛料。

 

尚、タバコは胃酸の分泌が良くなるだけでなく、一酸化炭素による粘膜の酸素欠乏が起こってしまい、胃の粘膜の防御力が弱まるようです。

 

胃潰瘍が完治するまでは、食事療法と共に禁煙を心掛けましょう。

 

また、コーヒーや紅茶は、全く飲まないと逆にストレスとなる方もおられます。

 

そういった方の場合は、なるべく薄く入れ、空腹時を避け、コーヒーの場合はミルクを入れて飲むようにしましょう。また、飲む量も1、2杯に留めるようにしましょう。

 

 

<胃潰瘍の食事療法の注意点 その2:消化が良く栄養の多い食品を摂りましょう>

 

胃潰瘍になると、消化吸収が悪くなる為、どうしても栄養の吸収力が弱まりがちです。

 

よって、食べ物が胃に留まる時間が少なく、胃に負担が掛かりにくい、栄養の多い食品を摂る様にします。

 

お薦めの食べ物は、おかゆ、柔らかく炊いたうどん、豆腐料理、野菜料理(繊維質の少ない物)、挽肉料理、魚料理などです。

 

食材はなるべく細かく切ったり、煮たりすることで、胃に負担が掛かりにくくなります。

 

 

<胃潰瘍の食事療法の注意点 その3:良く噛んで食べましょう>

 

上記の刺激物以外は、胃潰瘍の食事療法として、基本的に何を食べても問題ないですが、良く噛んで食べるようにしましょう。

 

良く噛むことは、唾液の中に含まれる消化酵素と食べ物が混ざり合い、胃の消化の負担を軽くすることが出来るからです。

 

また、良く噛むことは、満腹中枢を刺激しますので、食べ好きの防止になります。

 

是非、様々な食材をバランス良く摂りつつ、それらを良く噛んで食べるようにしましょう。

 

 

<胃潰瘍の食事療法の注意点 その4:食後は安静に>

 

食後は、胃の中での消化作業に体内が集中するよう、出来るだけ安静にするようにしましょう。

 

食後すぐに動いたり、乗り物に乗ると、胃に集中していたエネルギーが、体の各部位に拡散され、消化が悪くなってしまうそうです。

 

出来れば食後20〜30分は、ゆっくり休むようにしましょう。

 

 

<胃潰瘍の食事療法の注意点 その5:食事は楽しく食べましょう>

 

気の合う人々と楽しい雰囲気で食事をすると、食欲も増進され、胃の活動も活性化されるそうです。

 

胃潰瘍になると、気分も落ち込みがちですが、是非そんな時だからこそ、楽しい雰囲気で食事をするようにしましょう。

 

まさに「病は気から」です。プラスのパワーで楽しく食事療法を行い、胃潰瘍を治癒していきましょう!


スポンサーリンク