血便の原因

スポンサーリンク

要注意!血便の原因とは?!

突然ですが、排便した際、真っ赤な便やタールのような便、海苔のような黒い便が出たことはありませんか?

 

血が混じった便が肛門から出ることを「下血」と言い、色の違いによって黒い「タール便」と鮮血に近い「血便」に分類されるそうです。

 

血便は、肛門から近い結腸から肛門までの出血の為、腸内細菌の分解を受けないで排出されるので、鮮血の「血便」となるようです。

 

そんな血便の原因となる疾患とは、一体どのようなものがあるのでしょう?

 

 

<血便の原因 その1:潰瘍性大腸炎>

 

潰瘍性大腸炎になると、大腸に多くの潰瘍が出来、慢性的に粘液の混じった血便の下痢が出るそうです。

 

腹痛はあまりないものの、血便の下痢は繰り返され、見た目がイチゴジャムのような便になることもあるそうです。

 

主に30歳以下の方に発症する確率が高いことが特徴で、現在のところ原因は分かっておらず、精神的要因や自己免疫異常が考えられているようです。

 

 

<血便の原因 その2:出血性大腸炎>

 

出血性大腸炎は、大腸菌が大腸に感染することが原因です。侵入した大腸菌が大腸で毒素を出し、血便を伴う下痢と重篤な合併症を起こす病気を出血性大腸炎と言うそうです。

 

症状は腹部がけいれんするような痛みや水下痢から始まり、24時間以内には血便になってくるようです。

 

発熱はほとんどなく、血便を伴う下痢が1〜8日ほど続くことが多いようですが、稀に38度以上の熱が出ることがあるようです。

 

血便の原因となる出血性大腸炎は、比較的どの年齢層でも発症する病気ですが、抵抗力の弱い幼児や高齢者には特に発症率が高いようです。

 

 

<血便の原因 その3:虚血性大腸炎>

 

虚血性大腸炎の原因は、大腸へ血液を流す動脈が詰まったり、狭まったりすることで発症するそうです。

 

主な症状はお腹の左側が痛んだり、急に血便が出たりすることが多いようです。

 

動脈硬化や糖尿病患者、高齢者の発症率が高いそうですので、該当の方は特に注意しましょう。

 

 

<血便の原因 その4:初期の大腸ガン、大腸ポリープ>

 

初期の大腸ガンや大腸ポリープになると、便の出方は普通ですが、目には見えない血便が繰り返されていることが多いようです。

 

健康診断や人間ドックで血便が発覚することが多く、他に特に症状がないことが特徴だそうです。

 

 

<血便の原因 その5:進行大腸ガン、直腸ガン>

 

大腸や直腸にガンが出来たことが原因で、血便が粘液と一緒に出ることが多いようです。

 

血便以外に、便秘と下痢の繰り返しや、排便習慣に変化が起きる、排便後もすっきりしないなどの症状があるようです。

 

腹痛はあることもないこともあるようですが、出血は中位から大量の出血が起きることがあるようです。

 


スポンサーリンク