血便を伴う下痢の原因

スポンサーリンク

血便を伴う下痢の原因とは?!

血便には、黒っぽい色をしていてタール状の「タール便」と、鮮血のような血が付着する「血便」の2種類があるそうです。

 

どちらも便に血が混じっている状態であり、何らかの病気の可能性が高いですが、その血便が下痢を伴うこともあるようです。

 

血便を伴う下痢の原因には、いくつかの病気である可能性があるようですが、一体どのような病気なのでしょう?

 

 

<なぜ血便を伴う下痢になるの?>

 

元々、私達の便は水分を含んでおり、健康な方の便は少し軟らかめの便が多いようです。

 

逆に便が固い方の場合は、便秘などで便が腸内に留まっている間に、水分が腸に吸収される為、硬くなってしまうそうです。

 

しかし、病気や炎症などの何らかの異常が起きると、腸内の水分吸収機能や腸の動きに異常が生じ、下痢を伴う血便になってしまうそうです。

 

 

<血便を伴う下痢の原因とは?>

 

血便を伴う下痢が続く場合、その出血が鮮血に近い色なのか、タール状の黒い色なのかを観察します。

 

血便を伴う下痢が鮮血に近い場合は、痔の可能性が高く、タール状の黒い血便を伴う下痢の場合は、食道や胃、十二指腸など消化器系からの出血の場合が多いようです。

 

消化器系の出血の場合は、更に内視鏡検査や超音波検査、CTなどを行いますが、主な血便を伴う下痢の原因は以下のものがあるようです。

 

1.感染性腸炎

 

感染性腸炎は、細菌やウイルス、食中毒や動物の寄生虫などの病原体が超に感染して発症する病気だそうです。

 

激しい腹痛や血便を伴う下痢、吐き気、発熱、嘔吐などの症状が出るようです。

 

 

2.虚血性大腸炎

 

虚血性大腸炎は、何らかの原因により、大腸への血液の循環が悪くなり、必要な酸素や栄養素が不足する為に大腸が虚血となり、潰瘍や炎症を生じる病気だそうです。

 

主な症状は突然の腹痛や下痢、血便を伴う下痢などが見られるようです。高齢者や便秘がちな女性に多く発症するそうです。

 

 

3.クローン病

 

クローン病は、原因は不明ですが小腸や大腸を中心に炎症を起こし、びらんや潰瘍が生じる病気で、難病指定をされている完治しにくい病気だそうです。

 

症状は腹痛や下痢、血便を伴った下痢や体重減少、発熱などが見られ、20代に多く発症するようです。

 

 

4.潰瘍性大腸炎

 

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜が炎症によりただれ、びらんや潰瘍を形成する病気です。

 

症状は、粘着質の血便や下痢、腹痛などで、クローン病と似ているため、誤診されることが多々あるようです。

 

20代〜30代の方に多く発症しますが、50〜60代にも多く発症するそうです。一旦良くなっても、数か月から数年後に悪化してしまうこともあるようです。

 

 

5.薬剤性出血性腸炎

 

薬剤性出血性腸炎は、他の病気の為に服用している薬の副作用が原因で発症することが多く、多くは抗生物質が原因であるようです。

 

主な症状は、水のような下痢や血便、下腹の鈍痛、膨満感、発熱が見られるそうです。

 


スポンサーリンク