血便と貧血

スポンサーリンク

血便と貧血は重い病気のサイン?!

貧血といえば、女性の20%が発症するポピュラーな病気であり、貧血の原因は鉄分不足が多い為、鉄分を摂取すればさほど心配の必要がないようです。

 

但し、再生不良性貧血や溶血性貧血の可能性もありますので、貧血が何度も起こる場合は、医師の診断が必要となります。

 

しかし、男性が貧血と血便を同時に発症した場合は、鉄分の欠乏が原因ではなく、重い病気のサインであることが多いようです。

 

一体なぜ男性の血便と貧血は、重い病気の可能性があるのでしょう?

 

 

<男性の貧血は重い病気の可能性?>

 

そもそも貧血とは、何等かの原因によって血液の赤血球の中にある、ヘモグロビンという血色素が減少した為に発症する状態を言うそうです。

 

ヘモグロビンは体の細胞や組織に酸素を運ぶなどの重要な役割がある為、減少すると様々な組織が酸欠になり、立ちくらみや胸痛、動悸、息切れ、顔色が悪いなどの症状が起きるそうです。

 

男性が貧血になる原因は、いわゆる消化器系の疾患の可能性が非常に高いようです。

 

特に胃・十二指腸潰瘍、大腸がん、大腸ポリープ、胃がんの可能性が高く、それらによって体内で出血が起こっている為、貧血や血便になるそうです。

 

また、貧血の原因は1つの病気だけでなく、重複して別の病気を発症していることもあり、多臓器重複がんであることも少なくないようです。

 

貧血や血便の症状がある男性は、出来るだけ早く潜血便検査など、精密検査を受けるようにしましょう。

 

 

<どんな血便が危険なの?>

 

それでは貧血と共に血便が出る場合、どのような血便が危険なのでしょう?

 

主な血便の色としては、鮮血のような色の赤い血便と、コールタールのように黒い便があるそうです。

 

赤い血便の場合は、肛門に近い所から出血し、便に付着することで血便となる為、大腸や肛門付近の疾患であることが考えられます。

 

逆に、コールタールのように黒い便の場合は、血液が胃酸や消化酵素によって黒くなり、それが便と混ざりタール便となる為、食道や胃、十二指腸などの上部消化管からの出血が考えられます。

 

血便は暴飲暴食やストレス、疲労などでも発症する為、体を休めれば大丈夫だと、軽く考えている方が多いようです。

 

しかし、血便と共に貧血まで生じていることは、体の内部からの出血が多く、病気も重症化していることが多い為、すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。


スポンサーリンク