血便の色で疑う病気とは?

スポンサーリンク

血便の色は病気のサイン?!

血便と一言で言っても、血便の色は真っ赤な鮮血が付着した血便から、黒いタール状の血便まで、実に様々なものがあります。

 

この血便の色の違いは、主に肛門から便が排出される際に、一緒に排出される血液が、出血してからどのくらいの時間が経過したかによって異なってくるようです。

 

よって血便は、体内に存在する時間経過による酸化と共に、鮮血のような赤から紫、黒と色が変化していくのです。

 

その為、便の色によって、肛門から消化器官までの距離が判明する為、どのあたりから出血し、血便となってその色になったのかが分かるのです。

 

また、血便に含まれる血の量が少ない場合は、がんやポリープ、痔などの疑いがありますし、回数が多い場合は、消化器官の疾患である可能性が疑われます。

 

更に血便の色だけでなく、粘液がついているかどうかによっても、疑われる病気の種類は異なってきます。

 

血便が出た時に病院で診察を受ける際、どのような色や量、粘液がある血便だったのかを、出来るだけ正確に伝えることが大切になります。

 

それでは、具体的に血便の色によって疑われる病気について見てみましょう。

 

 

<血便の色で疑われる病気 その1:鮮血に近い赤い便>

 

鮮血に近い色の赤い血便は、出血場所が肛門から近く、血液が腸内に居る時間が短いことを意味し、S状結腸や直腸、痔による肛門からの出血が疑われます。

 

血便に付着する血が大量の場合は、痔核(=いぼ痔)を大きく傷つけた可能性があります。

 

鮮血に近い色の赤い血便の量に拘らず、このような便がみられたら、すぐに泌尿器科で診察を受けるようにしましょう。

 

 

<血便の色で疑われる病気 その2:褐色がかった赤い便>

 

褐色がかった赤い色の血便は、主にS状結腸や直腸、右側の大腸からの出血の可能性が高いようです。

 

便がS状結腸や直腸あたりに来ると、便の水分が腸管で吸収されるために硬くなり、便と血液が混ざることが少ない為、血が便に付着する形になるそうです。

 

直腸やS状結腸、大腸からの出血が便に付着し、体内に留まる時間が長いと、鮮血のような赤色ではなく、酸化して褐色がかった赤色になるようです。

 

このような血便で疑われる病気は、食中毒、赤痢、潰瘍性大腸炎、大腸がんなどのようです。

 

 

<血便の色で疑われる病気 その3:黒っぽい赤い便に粘液が混じっている>

 

黒っぽい赤色で、粘液が混じっている血便の場合は、潰瘍性大腸炎、クローン病、風邪薬などの薬害による大腸炎などが疑われるようです。

 

薬害が原因の場合は、服用する薬を変えたり、飲み合わせを変えるなどで治るようですが、クローン病の場合は難病指定されるほどの完治が難しい病気です。

 

いずれにせよ、血便だけでなく、粘液が混じっているかも重要ですので、きちんと医師に説明するようにしましょう。

 

 

<血便の色で疑われる病気 その4:黒い便・タール便>

 

黒い便やタールのような黒色の血便は、体に重大な病気の場合が多い為、要注意です。すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

黒い便は胃酸と血液が混じることによって出来ますが、特にタール便は胃や十二指腸からの大量出血が疑われるようです。

 

このような色の血便で疑われる病気は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がん、食道動脈瘤、急性胃粘膜病変などのようです。

 

 

如何でしょう。赤から黒にかけての便は血便であり、黒に近くなるほど病状が重症化したり、重大な病気が原因であることが疑われます。

 

血便が出たら、勝手な自己判断はせず、血便の色や血の量、付着した粘液などの有無を確認し、医師に正確に伝えるようにしましょう。


スポンサーリンク