血便の原因になる『痔』とは?

スポンサーリンク

血便の原因となる痔とは?

血便が出た時、真っ赤な鮮血で、トイレットペーパーに付くような血の場合、血便の原因は痔の可能性が高いようです。

 

痔には「痔核」、「裂肛」、「痔ろう」の3タイプがあるようですが、痔ろう以外は血便の原因となるそうです。

 

それぞれの痔とは、どのようなものなのか?そして痔の対処法とは、どのようなものがあるのでしょう?

 

 

<血便の原因となる痔のタイプ その1:痔核>

 

痔核とは、いわゆる「いぼ痔」であり、痔核が奥のほうに出来る「内痔核」と、肛門近くに出来る「外痔核」があるようです。

 

「外痔核」は痛みがあり、大きく腫れると激しく痛む為、血便などの症状が現れる前に、痔に気付き手当する方が多いようです。

 

しかし、「内痔核」は直接的な痛みは少ないものの、突然排便時の血便や出血が発症し、驚く方が多いようです。

 

症状によっては排便時に、便器が真っ赤になるほどの出血がある方もおられるそうです。それはびっくりしますよね!

 

なお、痔の初期段階であれば、薬で治すことが出来ますが、放置して悪化させてしまうと、痔核を除去する手術をすることになってしまうそうです。

 

血便や出血で痔核が判明した場合は、なるべく早く医師の治療を受けるようにしましょう。

 

 

<血便の原因となる痔のタイプ その2:裂肛>

 

裂肛とは、いわゆる「切れ痔」であり、肛門が切れた状態を言うそうです。

 

肛門が切れた状態の為、排便時には強い痛みと出血があり、便が固いと、その分痛みや血便も酷くなるようです。

 

血便に付く以外の排便時の出血は、トイレットペーパーに付く程度で、出血量はそう多くありません。軽い切れ痔の場合は自然治癒することも多いようです。

 

元々便秘がちの方は、慢性化することもありますので、切れ痔が治りにくく、血便が続くようでしたら、医師に相談し治療するようにしましょう。

 

 

<血便の原因にはならない痔のタイプ:痔ろう>

 

血便の原因にはなりませんが、痔には「痔ろう」というタイプの痔もあるそうです。

 

痔ろうは、肛門周辺に膿がたまった状態から、溜まった膿が排出されることで、直腸や肛門の間に難治性の管が出来てしまう病気を言うそうです。

 

男性の発症率が高く、薬では治療できない為、手術をすることになるそうです。

 

 

<血便を伴う痔の治療法とは?>

 

痔の治療法は、医師の診断により、薬物治療か手術療法かのどちらかの治療を行うことになります。

 

座っていることが多いデスクワークの方は、ドーナツ型のクッションを椅子に敷くと、直接の刺激が和らぎ、ラクになるそうです。

 

また、排便後は清潔にし、シャワートイレを使用する場合は、勢いを弱めにし、水気をしっかり拭き取るようにしましょう。

 

痔は体が冷えると血流が悪くなったり、肛門の筋肉が収縮する為、更に悪化してしまうそうです。

 

よって、痔で血便が治まらない間は、特に体を冷やさないようにし、血行促進の為にも毎日お風呂で温まるようにしましょう。


スポンサーリンク