血尿と血便の根本原因

スポンサーリンク

血尿と血便に共通する根本原因とは?!

血便と血尿は、それぞれ違う部位の臓器からの出血ではありますが、そもそもの根本原因には共通するものがあるようです。

 

それでは、血便と血尿に共通する根本原因とは何かを調べてみましょう。

 

 

<そもそも血尿とは?>

 

血便と血尿の共通する原因の前に、そもそも血尿とはどのように発症するのでしょうか?

 

血尿は、尿道や膀胱、尿管、腎臓など、尿に係る臓器が、何らかの原因により炎症を起こしたり、機能が低下することで発症する病気です。

 

主な血尿の原因は、大腸菌などによる細菌感染から発症することが多く、特に膀胱炎は男性より女性のほうが掛かり易いとも言われています。

 

女性に膀胱炎が多い理由は、女性のほうが男性より膀胱が短い為、肛門や膣からの雑菌が侵入しやすい為とも言われています。

 

ただ、男性が血尿になる場合は、腎臓病や腎盂炎など、重症なケースが多い為、男性に血尿が見られたら、すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

 

<血尿に対して血便は?>

 

泌尿器の疾患が原因の血尿に対し、血便は大腸を始め、胃や十二指腸などの消化器系や肛門での疾患が原因だと言われています。

 

原因は細菌感染や便秘、悪性腫瘍や炎症など様々なものがあるようです。主に40代以降や高齢者が発症する確率が高いようですが、細菌では若い方でも血便が出る方が多くなってきたようです。

 

 

<血尿と血便の共通する根本原因とは?>

 

血便と血尿は同時に発症することは稀ではありますが、共通する根本原因があると考えられています。

 

その根本原因は「ストレス」です。ストレスは万病の元と言われるように、血便や血尿の根本原因にもなっているのです。

 

ストレスには環境的な要因や精神的な要因、蓄積した疲労による肉体的要因など、様々な要因があります。

 

しかし、これらのストレスを極度に感じると、体の抵抗力が弱まり、簡単に血便や血尿などをもたらす病気を発病してしまうのです。

 

たとえば、血尿を起こす膀胱炎は大腸菌などの細菌が原因であり、体が正常に抵抗力があれば、簡単に病原体を撃退する力があります。

 

しかし、ストレスによって抵抗力が下がると、外的や病気に対する抵抗力が下がり、結果として膀胱炎や腎臓病となり、血尿が出てしまうのです。

 

体と精神のバランスが崩れると、病気は必ず引き起こされます。薬や治療で治すことも可能ではありますが、根本的な解決にはならず、再発する可能性も高いようです。

 

血尿や血便とは、自らのストレスの原因は何か、そしてその為には何が必要かを考えて欲しい、という体からのメッセージなのかもしれませんね。

 


スポンサーリンク