血尿の原因

スポンサーリンク

血尿が出る原因とは何ですか?

尿に血が混じる、いわゆる血尿になったことはありませんか?

 

血尿の原因は様々あり、さらに血尿の発見も肉眼で判明する場合と、顕微鏡で判明する場合など、様々な違いがあるようです。

 

知っているようで知らない血尿の原因、発見方法、病気の可能性について、詳しく見てみましょう。

 

 

<その尿は血尿ですか?>

 

血尿には大きく分けて、肉眼で血尿だと判明する「肉眼血尿」と、顕微鏡でようやく判明する「顕微鏡血尿」があるそうです。

 

肉眼血尿は、薄い赤やワインレッド、鮮血など、通常と異なる尿が出ることで判明します。

 

顕微鏡血尿は、排尿時に自覚症状はありませんが、人間ドックや健康診断などで尿検査をした時に判明することがあるようです。

 

 

<血尿の原因と状況の違いとは?>

 

一言で血尿と言っても、その原因や状況は様々あります。

 

排尿が始まってから終わるまで、ずっと血尿が出る場合は、尿管や膀胱からの出血が原因であることが多いようです。

 

血尿が普通の尿と混ざりながら、途切れ途切れに出る場合は、尿道の出口付近からの出血が原因であることが考えられます。

 

また、薄い赤からワインレッド色の血尿の場合は、尿道や膀胱からの出血であることが考えられるようです。

 

なお女性の場合は、生理前後で尿に赤血球が混ざってしまうこともあるようです(こちらは特に問題ありません)。

 

血尿が出た時は、医師の診断を受ける際、

 

1.いつから血尿が出ているのか
2.考えられる原因(持病など)はあるか
3.排泄時に痛みがあるかどうか
4.尿の出方はどうか
5.発熱などを併発していないか
6.服用中の薬があるかどうか 

 

など、詳しく医師に伝えるようにしましょう。

 

 

<血尿は病気が原因?>

 

上記でも分かりますように、血尿の原因は膀胱や尿道、腎臓に係る病気が多く見られるようです。

 

具体的な病名は、膀胱炎、尿路結石、腎盂腎炎が血尿の原因として考えられます。

 

また、稀ではありますが、癌が原因で血尿が出ることもあるようです。

 

更に、過剰なストレスによる体力低下や免疫力低下によっても、臓器になんらかの異常をきたし、血尿が出ることもあるようです。

 

いずれにしても、血尿が出るということ自体、何かしらの病気が進行したことによるサインであり、原因を究明し治療する必要があります。

 

血尿が出たら、なるべく早く医師の診断をうけるようにしましょう。


スポンサーリンク