血尿と病院

スポンサーリンク

血尿が出たら病院に行くべき?

血尿が出る原因は様々で、ストレスによる内臓疾患や尿路の疾患、ガンなど様々な要因があります。

 

とはいえ、疲れが溜まっている時は血尿が出ても、ストレスが解消されたら自然に血尿が消え、自然治癒することもあるようです。

 

しかも、血尿は日本人の3〜5%、推定で500万人に発症するというポピュラーな症状で、加齢と共に発症率は増加すると言われています。

 

血尿には確かに深刻な病気も隠れているようですが、血尿が出たらすぐに病院に行くべきでしょうか?

 

 

<血尿が出たら病院に行くべき?>

 

血尿が出ると誰もが驚き、深刻な病気なのではと不安になってしまうもの。

 

しかし、仕事が忙しかったり、なかなか病院に行けない間にふと血尿が止まり、普通の尿に戻ることがあります。

 

それは本当に自然治癒したのかもしれませんが、ガンの場合は血尿と普通の尿を繰り返しながら静かに進行する傾向があるそうです。

 

また、血尿以外の痛みがない、肉眼で判明できる血尿の場合、年齢が上がるほどガンのリスクは上がり、60歳以上では10%の確率でガンが見つかるそうです。

 

ガンは早期発見・早期治療により治癒する確率は高くなります。血尿が出たら、最悪のケースも考えてすぐに病院に行くようにしましょう。

 

 

<血尿が出た時はどの病院に行くべき?>

 

血尿が出て、すぐ病院に行くにしても、どの病院に行くべきか悩みますよね。

 

自分の血尿の原因が何か分からない場合は、まずはいつも通っている「掛かりつけ医」の居る病院に行くことをお勧めします。

 

掛かりつけ医の居る病院では、その医師の専門でない場合でも、血尿の症状を判断し、泌尿器科に行くのか内科に行くのか判断してくれるからです。

 

ただ、掛かりつけ医の紹介してくれた病院でも、症状がずっと変わらなかったり、処方薬や指導内容が変わらない場合は、他の病院や泌尿器科を受診してみましょう。

 

 

<病院では血尿はすぐ分かるの?>

 

赤い尿が血尿なのか、それとも違うのかの検査方法は、病院の尿検査で簡単に調べることが出来るそうです。

 

たった15ccほどの尿があれば、試験紙を尿につけることで血尿かどうかはほぼ100%判明するそうです。凄いですね!

 

また、尿中に白血球が多い場合は膀胱炎などの炎症、タンパク尿が出ている場合は肝臓の病気と判断出来るそうです。

 

自分の尿が血尿なのかどうなのか、そして病気の前兆なのかは病院で診察を受ければすぐに判明します。

 

この血尿は病気なのではないか・・・とクヨクヨする暇があるなら、すぐに病院に行って診断を受けるようにしましょう。


スポンサーリンク