残尿感や血尿の原因

スポンサーリンク

残尿感や血尿の原因とは?!

女性の方で、最近になって、なんとなく残尿感があったり、血尿が出たり、排尿時に痛むことはありませんか?

 

実はその症状は、細菌性膀胱炎という病気の可能性が高いようです。

 

残尿感や血尿の原因となる、細菌性膀胱炎とはどのような病気なのでしょう? そしてその治療法とはどのようなものがあるのでしょう?

 

 

<残尿感や血尿の原因となる細菌性膀胱炎とは?>

 

細菌性膀胱炎とは、腎臓で作られた尿を一時的に溜めておく膀胱の粘膜に炎症が起こることを言うそうです。

 

この細菌性膀胱炎の原因は、大腸菌などの細菌が、尿道から侵入することで発症するようです。

 

膀胱が炎症を起こすと、排尿後もすっきりせず残尿感が続いたり、その為に頻尿になったり、血尿や排尿時の痛みを感じるようになるそうです。

 

また、健康な尿は黄色で透明ですが、細菌性膀胱炎になると、血尿だけでなく濁りが出ることがあるようです。

 

この血尿の濁りは、体内に侵入した細菌と戦う為に増えた『白血球』による濁りが原因だそうです。

 

膀胱炎は体の構造上、尿道が短い女性に発症しやすく、放置することで慢性膀胱炎に症状が悪化し、最悪の場合は尿毒症になってしまう可能性もあります。

 

残尿感や血尿が出たら、すぐに医師の診断を受け、初期の段階で適切な治療をするようにしましょう。

 

 

<細菌性膀胱炎の原因とは?>

 

それでは、なぜ残尿感や血尿をもたらす細菌性膀胱炎になってしまうのでしょう?

 

考えられる原因には、細菌感染や疲労による免疫低下、排便後の拭き方などが挙げられます。

 

細菌感染は先程記載した通り、大腸菌が尿道に侵入し、膀胱内で炎症が起きる為ですが、その大腸菌は排便後の拭き方にも原因があります。

 

排便後の拭き方は「前から後ろに拭くように」していますか?もし逆の場合は、便についた大腸菌を尿道にこすり付けることになりますので要注意です。

 

また、生理用品をこまめに取り換えたり、デリケートな部分を綺麗に保つことも、細菌感染の予防になります。

 

更に、下腹部の冷えや過労による免疫力低下も、細菌性膀胱炎で残尿感や血尿の原因となってしまうのです。

 

残尿感や血尿が既にある場合は、病院で治療を受けると同時に、上記の点にも注意して生活するようにしましょう。

 

 

<細菌性膀胱炎の治療法とは?>

 

血尿や残尿感などの症状をもたらす細菌性膀胱炎には、抗菌薬の服用が効果的だそうです。

 

この抗菌薬は、大腸菌をはじめ、多くの細菌を駆除する薬で、最大1週間程度の服用が必要となるそうです。

 

症状が軽い方の場合、飲み始めてすぐに血尿や残尿感、頻尿などの症状が軽減されてくるそうです。

 

ただ、いくら症状が軽減されても、指示された薬はきちんと服用しないと、再発する恐れがあるそうです。

 

よって、医師に処方された薬はきちんと指示に従い、飲み切るようにしましょう。

 

また、上記に記載した細菌性膀胱炎の原因を取り除く生活を心掛け、血尿や残尿感、頻尿のない生活を取り戻しましょう!


スポンサーリンク