尿路結石と牛乳

スポンサーリンク

尿路結石には牛乳が効果的?!

尿路結石の8割以上はカルシウム結石だと言われています。その為、以前は食事でのカルシウム摂取量が問題と考えられていたそうです。

 

よって、牛乳やチーズなどの乳製品、小魚などのカルシウムを多く含む食材は、尿路結石患者は控えるよう指導していたそうです。

 

しかし、現在では、尿路結石の再発防止の為にも、牛乳などでカルシウムを一定量摂ることが重要という方針に変化したそうです。

 

一体なぜ、尿路結石の予防に、牛乳やチーズに含まれるカルシウムが効果的なのでしょう?

 

 

<尿路結石には牛乳が効果的?>

 

尿路結石の成分は、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムが8割を占め、読んで字の如く、カルシウムが結石生成の重要な役割を持っています。

 

しかし、実際に結石の原因となる物質はカルシウムではなくシュウ酸であり、シュウ酸が尿に多く輩出されることで結石生成が促進されてしまうそうです。

 

シュウ酸は、ほうれん草やたけのこ、コーヒーや紅茶、動物性タンパク質に多く含まれているそうです。

 

尿中のシュウ酸を減少させる為には、カルシウムを多く摂り、シュウ酸と結合させて不溶性のシュウ酸カルシウムを便として排出させることが大切になります。

 

その為、尿路結石を予防させる為には、牛乳などのカルシウムを一定量摂ることが効果的なのです。

 

 

<尿路結石予防のカルシウムの、上手な摂取法とは?>

 

尿路結石の予防として、牛乳やチーズなどの乳製品や小魚が大切だと分かりましたが、牛乳やチーズだけを摂取し続けると飽きますよね。

 

その為、カルシウムを多く含む食材をそのまま摂取するだけでなく、上手に他の食材と一緒に摂取することが大切になります。

 

例えば、コーヒーはシュウ酸が多い為、尿路結石の方は避けた方が良いですが、ここに牛乳を入れて飲むと、カルシウムが腸の中でシュウ酸と結合し、尿路結石が生成しにくくなります。

 

また、ほうれん草もシュウ酸が多い食材ですが、シュウ酸は熱に弱い為、おひたしにし、その上にカルシウムの多い鰹節をかけると、上記同様に尿路結石が生成しにくくなります。

 

また、パスタやピザにチーズを乗せたり、牛乳プリンを作ったりしても良いでしょう。クックパットなどで調べて、色々工夫してみましょう。

 

 

<尿路結石予防に牛乳を大量に飲むべき?>

 

尿路結石の予防に、牛乳などのカルシウムは効果的なので、水より牛乳を飲めば、より尿路結石に良いのではないか?と思う方もおられるようです。

 

しかし、どんなに体に良い食材でも、摂りすぎは逆効果になることが多いもの。牛乳の過剰摂取も、脂肪分の摂りすぎから尿路結石を再発する可能性が高くなるようです。

 

一般的に、日本人が牛乳などからカルシウムを摂る摂取量は、600mgだと言われています。

 

この容量を目安に牛乳などの乳製品を摂取し、尿路結石の再発防止に努めるようにしましょう。


スポンサーリンク