尿路結石とは

スポンサーリンク

尿路結石とはなんですか?

尿路結石になると、『突然、七転八倒の激しい腹痛に襲われる』とか、「食生活の乱れのせいだ」などという話を聞きますが、尿路結石とはどのようなものなのか、具体的にご存じですか?

 

知っているようで、実はあまり知らない尿路結石とは、一体どのようなものなのか、詳しく見てみましょう。

 

 

<尿路結石とはなんですか?>

 

尿路結石とは、尿路(=腎杯・腎盂・尿管・膀胱・尿道を通る、尿の通り道)に結石が出来ることを言います。

 

尿路結石の激しい腹痛などの症状は、腎盂や腎杯で作られた結石が、尿と同時に尿管に移動し、尿の通行を妨害した際に発症する発作的な症状と言われています。

 

主な症状は、激しい腹痛や背中痛、脇腹痛、下腹部痛、吐き気や嘔吐、発熱などの症状があるようです。

 

しかし、尿路結石がまだ腎杯や腎盂に存在し、腎臓から排石されない場合は、特に何の症状もないことが多く、あっても軽い鈍痛ほどの痛みだそうです。

 

尿路結石とは30〜60代の男性が多く、10人に1人が罹患する症状であり、95%が上部尿路結石だという調査結果が出たそうです。

 

代表的な組成の尿路結石とは、90%以上がカルシウムを含むカルシウム結石で、その他にはシュウ酸カルシウムやリン酸カリウムなどが元となっているそうです。

 

近年の調査では、尿路結石とは症状がある場合でも70%が自然排石し、30%は手術で除去されているそうです。

 

 

<尿路結石とは何が原因か その1:尿路の通過障害>

 

尿路結石とは、尿路になんらかの通過障害がある場合、尿が腎臓に逆戻りして、腎臓が腫れあがることで生じる病気です。

 

主な原因としては、生まれつき尿管が狭かったり、尿管がんなどのがん罹患によるもの、尿管結石による尿管の詰まりや寝たきりによる尿流停滞などが考えられます。

 

 

<尿路結石とは何が原因か その2:水分不足>

 

運動後や入浴後、暑い季節などで発汗して体内の水分が減少すると、尿を生成する腎臓での尿が濃くなり、結石が出来やすくなります。

 

また、アルコールの過剰摂取は利尿作用を誘発し、体内の水分不足に拍車をかけることになります。

 

また、特にビールのプリン体や、糖質を含む清涼飲料水やお菓子の摂りすぎは、結石を作り易くする効果があります。

 

 

<尿路結石とは何が原因か その3:尿路感染>

 

肛門に付着した大腸菌などの雑菌が、なんらかの形で尿路に侵入し、尿路感染を起こす事でも尿路結石を発症しやすくなります。

 

特に尿路結石に尿路に入り込んだ雑菌が加わると、腎盂炎を発症し、最悪の場合は死に至ることもあります。

 

 

<尿路結石とは何が原因か その4:不規則で偏った食生活>

 

不規則で偏った食生活も尿路結石の元となります。特に動物性タンパク質の過剰摂取やカルシウム不足は尿路結石を生成しやすくなります。

 

 

<尿路結石とは何が原因か その5:薬の副作用>

 

ステロイドホルモンを含有した薬は、骨の吸収を増加させる働きがある為、カルシウムとリンが尿中に過剰に排出されることで結石を作り易くなります。

 

また、緑内障の治療薬である炭酸脱水素酵素阻害薬(アセタゾラミド)は、尿を強いアルカリ性にする作用がある為、結石が出来やすくなるそうです。


スポンサーリンク