尿蛋白の病気

スポンサーリンク

尿蛋白が出る病気とは?

健康診断や人間ドックで尿検査を行い、尿蛋白の欄が『陽性』となっていた場合、どのような病気が考えられるのでしょう?

 

また、蛋白尿が検出されても、病気ではない可能性もあるので放置した場合、最悪の場合はどうなるのでしょう?

 

 

<尿蛋白が出る病気とは?>

 

尿蛋白が出る主な病気には、腎臓に疾患があるものが多いようです。特に多いのは慢性腎炎や糖尿病性腎症だと言われています。

 

慢性腎炎や糖尿病性腎症は、腎臓の皮質にある、糸球体(しきゅうたい)と呼ばれる、毛細血管が糸玉のように球状に集まったものに炎症が出て、たんぱく質が漏れ出すことから発症するようです。

 

この尿に漏れ出すたんぱく質(=尿蛋白)が多いほど、腎臓が悪くなっており、重症であることを示しているのです。

 

尿蛋白が出る病気は、腎臓の病気以外にも以下のものがあります。

 

・多発性骨髄腫 ・溶血性貧血 ・膠原病 ・心不全 ・急性・慢性腎炎
・ネフローゼ症候群 ・アミロイド腎 ・カドミウム中毒 ・ビタミンD中毒 
・膀胱炎 ・前立腺炎 ・膀胱結石 ・尿道結石 ・膀胱腫瘍 ・前立腺腫瘍

 

 

<多く見られる尿蛋白の病気とは?>

 

糖尿病性腎症:
糖尿病が原因で、血管が痛みやすくなったり、腎臓のろ過機能が低下することで発症します。患者数が年々増加しており、人工透析が必要になる病気の原因になります。

 

 

腎硬化症:
高血圧によって発症する動脈硬化が、腎臓にも現れる病気です。高齢者に多く発症し、少しずつ病気が進行することが特徴です。

 

ネフローゼ症候群:
多量の尿蛋白が排出される為、血液中のタンパク質が少なくなってしまう病気です。むくみや高脂血症を伴う病気です。

 

慢性糸球体腎炎:
血液をろ過する糸球体に炎症が起き、ろ過機能が徐々に低下する慢性的な病気です。比較的若い方も発症し、病気の進行は患者さんによって異なるようです。

 

 

 

<尿蛋白を放置したらどうなるの?>

 

尿蛋白が出る要因には、上記のような病気が原因のものではなく、一時的に尿蛋白が陽性になる『生理的たんぱく尿』という現象もあります。

 

これは、肉や魚などのたんぱく質の過剰摂取や激しい運動の後、発熱時などに一時的に尿蛋白が検出される現象です。

 

一時的に尿蛋白が出た場合は、再検査では陰性になることが多い為、特に心配はありませんが、尿蛋白が出ても放置し続け、ついに末期の腎不全になることもあるので、注意が必要です。

 

残念ながら多くの腎臓病は、末期になるまで症状が現れないことが多く、適切な治療を逃しがちで、気が付いたら人工透析が必要になるケースも少なくないようです。

 

特に尿検査で蛋白尿が「2+」以上の状態が続く場合は、要注意です。すぐに腎臓内科を受診し、精密検査を受けるようにしましょう。


スポンサーリンク