尿蛋白の治療

スポンサーリンク

効果的な尿蛋白の治療法とは?!

健康診断や人間ドックで判明する尿蛋白は、腎盂炎や腎臓がんなど、深刻な病気を引き起こす前触れである場合があるようです。

 

特に40代以上の中高年の尿蛋白は、病気が原因で尿蛋白が検出されるケースが多く、早期発見・早期治療が望まれます。

 

残念ながら尿蛋白が検出されてしまった場合、どのような治療法が効果的なのでしょうか?

 

 

<効果的な尿蛋白の治療法 その1:食事の改善>

 

たんぱく質を摂取すると、健康な方の場合はたんぱく質は細胞等で消費されることが多く、微量の尿蛋白しか検出されません。

 

しかし、腎臓の異変やその他の病気が原因で腎臓に過剰な負担が掛かると、たんぱく質の摂取が上手く行かず、尿蛋白として排出されてしまいます。

 

よって、腎臓の負担を軽くする為に、必要以上のたんぱく質を摂取しないようにする、食事治療が大切になります。

 

具体的な尿蛋白の食事治療としては、たんぱく質を多く含む肉や魚、卵などの摂取は控えるか、たんぱく質を含まない、こんにゃくやキノコなどと一緒に調理し、料理の嵩を増やす工夫も効果的です。

 

また、血圧が高いことでも腎臓に負担が掛かる為、塩分を控えつつ、レモンやトウガラシ、わさびやショウガなどを活用して味付けする工夫も効果的です。

 

 

<効果的な尿蛋白の治療法 その2:疲労回復>

 

心身に疲れを感じる時は、実は腎臓も疲れていることが多いようです。逆に腎機能が低下すると、疲れやすくなるのはそのためとも言われています。

 

このように疲労回復の為の十分な睡眠や休養は、尿蛋白の治療にとっても、非常に効果的な方法です。

 

また、ストレスも心身の疲れや内臓機能を低下させてしまう為、ストレスが溜まってきたと感じたら、上手にストレスを発散させることも大切です。

 

 

<効果的な尿蛋白の治療法 その3:適度な運動>

 

適度な運動も尿蛋白の治療には効果的です。特に運動不足は血流を悪くし、増えた脂肪により高血圧になりやすくなります。

 

高血圧になると、大量の血液を強い圧力で送りだす必要がある為、細胞が傷つきやすく、特に毛細血管の集まりである腎臓は負担が掛かり易くなります。

 

また、血管の柔軟性も失われていまい、尿蛋白が出やすくなってしまいますので、適度な運動を心掛けるようにしましょう。

 

但し、尿蛋白が出る病気によっては、激しい運動は控えた方が良いケースもあります。その為、運動治療は尿蛋白の元となる病状に併せ、医師と相談しながら進めるようにしましょう。

 

 

<効果的な尿蛋白の治療法 その4:感染症に注意する>

 

風邪やインフルエンザなどの感染症に感染すると、体力が奪われるだけでなく、腎臓の機能も低下する為、尿蛋白が出やすくなります。

 

その為、治療法というより対処法になりますが、尿蛋白が出ている方は、特に感染症に注意し、人ごみを避け、マスク着用、うがい手洗いの励行に努めましょう。

 

 

<効果的な尿蛋白の治療法 その5:薬物療法>

 

腎臓の負担を減らす為、血圧を低く保つよう、降圧薬を服用することも治療法として効果的です。

 

また、ステロイド薬は炎症や免疫反応を抑え、糸球体腎炎にも効果がありますし、利尿薬も血圧を下げる効果があるそうです。

 

医師から尿蛋白の治療として薬物を勧められることもありますが、その際は医師の指導・容量に従い、きちんと薬を服用し、尿蛋白の治療に努めるようにしましょう。


スポンサーリンク