尿蛋白と腎臓

スポンサーリンク

尿蛋白陽性で腎臓リスクが高まる?

人間ドックや健康診断での、尿蛋白検査の目的は『腎臓の機能に異常がないかを調べる為』と言っても過言ではありません。

 

尿蛋白と腎臓の機能低下は、切っては切れない関係にあるのです。一体なぜ尿蛋白が出ると腎臓の機能低下が疑われるのでしょう?

 

 

<尿蛋白が陽性だと腎臓リスクが高まる?>

 

腎臓は老廃物を尿として排出したり、血圧を調整したり、赤血球を作ったり、体の水分調整をする等、様々な働きがあります。

 

健康な人の場合、一般的に尿中にたんぱく質がほとんど出ませんが、発熱や激しい運動の後、疲れなどの一過性の原因により、尿蛋白が検出されることがあります。

 

このような一過性の尿蛋白の場合は、特に問題がありませんが、中には何らかの病気や原因により、腎臓の機能に異常が出ることがあります。

 

腎臓の働きに異常が出ると、腎臓の働きである『血液をろ過し、栄養分は血液に戻し、不要な老廃物は尿として排出する』という機能が低下し、不要な老廃物を取り除ききれなくなります。

 

この状態が長く続くことで尿蛋白が出てしまい、必要なたんぱく質が血液中から不足し、慢性腎臓病へと悪化してしまうことがあります。

 

 

<慢性腎臓病になるとどうなるの?>

 

慢性腎臓病になると、尿蛋白が出る他に、疲れやめまい、貧血、むくみなどの症状が現れてしまいます。

 

腎臓病は初期段階では、尿蛋白が出る以外、特に体の変調が見えない為、つい見過ごされがちですが、他の症状が出てきた頃には、かなり症状が進んでいるケースがあります。

 

慢性腎臓病から症状が進むと、脳卒中や心筋梗塞、腎臓が機能しなくなる『腎不全』となり、生命を維持する為に人工透析や腎臓移植が必要になることもあるのです。

 

また、尿蛋白が出たばかりの初期段階では、完治する可能性が高いですが、様々な症状が出始めた頃になると、完治は難しくなります。

 

よって、尿蛋白が出た段階で、きちんと病院で検査をし、医師の診断に従い、早期治療に入ることが大切なのです。

 

 

<尿蛋白や慢性腎臓病を防ぐ為に>

 

腎臓の機能低下は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、肥満、喫煙者、遺伝など、様々な病気の症状と合併して発症することがあります。

 

健康診断で尿蛋白が検出された場合、早期発見・早期治療が大前提ではありますが、以下のように生活習慣を改善することも大切です。

 

1.塩分や脂肪分、脂っこい食事や味付けの濃い食事は控える

 

2.肉・魚・卵などの動物性タンパク質の過剰摂取は控える

 

3.肥満予防に努めて食べ過ぎを控える

 

4.適度な運動を心掛け、日常生活でも負荷の掛かる動きをする(階段を使う、速足で歩く、など)

 

5.禁煙する。アルコールの過剰摂取は控える。


スポンサーリンク