尿蛋白が陽性

スポンサーリンク

尿蛋白が陽性と診断されたら?!

健康診断や人間ドックで、尿蛋白の検査結果が『陽性』と判断されたことはありませんか?

 

実は健康診断などの尿蛋白の検査では、尿中のたんぱく質の濃度により、『陰性(−)』『弱陽性(=疑陽性(±))』『陽性(1+、2+、3+)』などの判定があるようです。

 

陰性は問題がないので心配要りませんが、尿蛋白が陽性と診断された場合、どの程度注意したら良いのでしょう?

 

また、尿蛋白が陽性と判断された場合、何に気を付ければ良いのでしょう?

 

 

<尿蛋白が陽性と判断されたら?>

 

残念ながら尿蛋白が『陽性』と判断された場合(弱陽性や疑陽性も含む)、蛋白尿が陽性になった原因を探る為、再検査が必要となります。

 

特に、『弱陽性(疑陽性)』の場合は、再検査が必要ですが、より多く尿蛋白が出ている『陽性(1+、2+、3+)』の場合は、医療機関を受診し精密検査が必要となります。

 

尿蛋白が陽性ということは、腎臓に何らかの不具合があることを指しますし、特に40代以降は深刻な病気の原因であることが多いようです。

 

尿蛋白が陽性という診断が出たら、速やかにその尿蛋白の濃度により、専門機関を受診し、医師の診断を受けるようにしましょう。

 

なお、尿蛋白が陰性でも、腎機能が低下していることもある為、むくみやだるさ、貧血が続いている場合は、念のため血液検査をするようにしましょう。

 

 

<尿蛋白が陽性の場合、何に気を付けるべき?>

 

そもそも腎臓は、老廃物を尿と共に排出したり、血圧を調整したり、赤血球を作り、体の水分や電解質を調整する働きがあります。

 

尿蛋白が陽性になったことは、これらの機能低下や慢性腎臓病、脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気になる危険性が高まります。

 

更に、高血圧や糖尿病、皮質異常症、肥満気味、喫煙者、家族に腎臓病患者がいる方の場合、更に重大な病気のリスクが高まります。

 

また、慢性腎臓病が進行することで腎不全(=腎機能が機能しなくなること)となり、人工透析や腎臓移植が必要となるケースもあるのです。

 

そのような最悪の状態を防ぐ為、尿蛋白が陽性になったら、以下のことに注意するようにしましょう。

 

1.高血圧からの腎機能低下を防ぐ為、塩分や味付けの濃い食事を避けるようにしましょう。

 

2.食べ過ぎによる肥満を防ぎ、適度な運動を心掛けましょう。

 

3.禁煙しましょう。

 

4.肉・魚などのたんぱく質を多く含む食べ物は、控えるようにしましょう。

 

5.ストレスを適度に発散し、心と体の健康を保つようにしましょう。

 


スポンサーリンク