大動脈瘤破裂と吐血

スポンサーリンク

大動脈瘤破裂による吐血を防ぐには?!

大動脈瘤破裂によって吐血すると、なんと致死率は90%、緊急搬送されて手術しても50%しか助からない!という衝撃の事実があることをご存じですか?

 

そんな恐ろしい大動脈瘤破裂による吐血を防ぐ為に、近年になって予防的治療として注目されている方法があるそうです。

 

そんな耳よりな大静脈瘤破裂による吐血を防ぐ方法とは、一体どのような方法があるのでしょう?

 

また、大動脈瘤破裂による吐血になる前の、大動脈瘤は、なぜ発症してしまうのでしょう?

 

 

<なぜ大動脈瘤になるの?>

 

大動脈瘤とは、加齢による血管の老化や高血圧などにより、動脈硬化が進み、血管壁の弱い分に血流の圧力が加わると、ふくらんで瘤のようになる状態を言います。

 

発症率の高い腹部大動脈の場合は、直径は通常2cm程度ですが、これが腹部大動脈瘤になると4cm以上に膨れ上がってしまうようです。

 

更に男性の場合は5cm、女性の場合は4.5cmを超えると、腹部大動脈瘤破裂となり吐血する危険性が高まりますので、大動脈瘤が破裂する前に手術する必要があります。

 

ただ、この大動脈瘤が出来ただけでは、特に自覚症状もなく、問題もないことが多いですが、放っておくと物が呑み込みにくくなったり、声帯の神経が圧迫されて『しゃがれ声』になったりするそうです。

 

大動脈瘤破裂による吐血は、60歳以上・高血圧・喫煙者・肥満などの動脈硬化リスクが高い方に多く発症するといわれています。

 

これらのリスクが高い方は、出来れば毎年、少なくとも3年に1度は腹部超音波検査を受けると良いでしょう。

 

この腹部超音波検査は、動脈瘤の有無が99%判明するという優れた検査です。是非、大動脈瘤破裂による吐血を防ぐ為にも、検査を受けるように心がけましょう。

 

 

<大動脈瘤破裂による吐血を防ぐ方法とは?>

 

とはいえ、既に大動脈瘤が出来てしまい、大動脈瘤破裂による吐血の危険性がある方は、どうしたら良いのでしょう?

 

一般的な大動脈瘤破裂の治療法は、お腹を切って大動脈瘤が出来た血管を、人工血管に置き換える『人工血管置換術』が行われています。

 

しかし、お腹を切る大手術であり、患者さんの体への負担も相当なものですし、大動脈瘤破裂による吐血が発症していない前では、なかなかそこまでの治療を受ける勇気が出ないものです。

 

そんな患者さんの為に近年注目されているのは『ステントグラフト手術』と言われる方法です。

 

このステントグラフト手術は、患者さんの足の付け根部分に局所麻酔をし、3cm程度切開して大動脈から直径7mm位に折りたたんだステントグラフト(金属のバネが付いた人工血管)の入った細い管を、レントゲン透視下で確認しながら大動脈瘤まで挿入します。

 

その後、動脈瘤に留置したステントグラフトは、瘤の場所で広がり、内側から動脈瘤をカバーする形になります。

 

この作業により瘤の中には新しい血管が出来たことと同じことになる為、大動脈瘤破裂による吐血リスクが無くなるのです。

 

 

<従来とは異なるステントグラフトの利点とは?>

 

大動脈瘤破裂による吐血を防ぐステントグラフトの利点としては、お腹を切る『人工血管置換術』とは異なり、全身麻酔の必要がなく、高齢の患者さんでも体への負担が軽減されることが挙げられます。

 

また、お腹を切る訳ではない為、手術に伴う合併症や死亡の危険性が少なく、回復が早くなります。(お腹を切る場合は入院期間は3週間程度掛かりますが、ステントグラフトの場合は3〜4日程度です)

 

大動脈瘤が見つかった方は、大動脈瘤破裂による吐血で命を落とす前に、ステントグラフト手術を検討してみるのも良いかもしれませんね。

 


スポンサーリンク