胃潰瘍と吐血

スポンサーリンク

胃潰瘍で吐血になる原因とは?

胃潰瘍は、消化性潰瘍と呼ばれ、胃液の中の塩酸やペプシンという物質が、なんらかの原因で胃の粘膜を攻撃し、粘膜の爛れ(=潰瘍)を引き起こす病気と言われています。

 

胃潰瘍になると、胃液の調整が崩れる為、多量の胃液による胸焼けや酸っぱいげっぷ、嘔吐、吐き気、吐血、下血、食欲不振、体重減少などを引き起こします。

 

特に胃潰瘍による吐血は、胃酸によってどす黒くなった血を吐きだすことが多く、吐血時には冷や汗や脈拍の乱れ、血圧低下や激痛を併発することがあるようです。

 

胃潰瘍による吐血の原因は、胃潰瘍が出来た部分の血管が破れることにより、出血を起こすことから吐血へと繋がります。

 

胃潰瘍は、ストレスが原因で発症することが多く、神経質、几帳面、よく気が効く、ストレスを溜めこむなどの方に多いと言われてきました。

 

しかし、最近では胃潰瘍の原因の7割は、患者さんの性格によるものではないことが分かってきました。

 

それでは、胃潰瘍で吐血になる原因とは、一体どのようなものがあるのでしょう?

 

 

<胃潰瘍で吐血になる原因 その1:ピロリ菌>

 

胃潰瘍で吐血になる原因の7割以上は、実はピロリ菌であると言われています。

 

ピロリ菌は子供の頃に口から入り込み、年齢を重ねて体力が落ちたり、免疫力が低下することで、大人しかったピロリ菌が活動を開始し、慢性胃炎を引き起こすそうです。

 

ピロリ菌が原因で胃潰瘍になると、空腹時に腹痛が起こり、食事をすると治まるようになることを繰り返しながら、胃潰瘍を悪化させ、胃に穴が空いて激しい痛みと吐血を伴うようになります。

 

ピロリ菌による胃潰瘍の吐血は、抗生物質を1〜2週間ほど服用し、ピロリ菌を除菌することで完治させることが可能です。

 

しかし、ピロリ菌の抗生物質により胃潰瘍の吐血が治まっても、自己判断で服薬を止めてしまうと、胃潰瘍を再発し、再度吐血してしまうこともあるようです。

 

よって、ピロリ菌が原因の胃潰瘍による吐血の場合は、医師の指示通り、抗生物質を飲み切るようにしましょう。

 

 

<胃潰瘍で吐血になる原因 その2:ストレス>

 

イライラや過労、睡眠不足、過度の緊張や不安などは、多大なストレスを生み、胃潰瘍の原因となることが多いようです。

 

また強いストレスは、急性胃潰瘍の原因にもなる為、注意が必要です。出来るだけ自分に合った方法でストレスを解消し、胃潰瘍による吐血を防ぐようにしましょう。

 

 

<胃潰瘍で吐血になる原因 その3:薬害>

 

腰痛や膝痛、関節リウマチなどの痛み止めとして使われる、非ステロイド系消炎鎮痛剤は、長期に服用することで胃に負担が掛かり、胃潰瘍による吐血を引き起こすことがあるようです。

 

 

<胃潰瘍で吐血になる原因 その4:喫煙や飲み物>

 

喫煙は胃粘膜の血流を低下させる効果がある為、胃潰瘍になり易くなり、嘔吐を繰り返すことで吐血するようになってしまうそうです。

 

また、コーヒーや紅茶などは胃に負担が掛かったり、多量の飲酒も胃潰瘍の原因となり、吐血へと繋がってしまいます。


スポンサーリンク