子供の吐血原因と十二指腸潰瘍

スポンサーリンク

子供の吐血原因に多い十二指腸潰瘍とは?

子供の吐血原因には様々ありますが、十二指腸潰瘍が原因になっているケースが、近年多くなってきたと言われています。

 

十二指腸潰瘍は、十二指腸の表面の粘膜が、なんらかの原因により炎症を起こし、胃酸や消化酵素の刺激で潰瘍が出来てしまう病気を言います。

 

十二指腸潰瘍の患者は10代から30代という若い世代に多く、特に健康な子供でも10%はある感染症が原因になって発症していると言われています。

 

一体子供の吐血原因となる十二指腸潰瘍は、何が原因で発症してしまうのでしょうか?そしてどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?

 

 

<子供の十二指腸潰瘍の原因とは?>

 

子供の吐血原因となる十二指腸潰瘍は、ピロリ菌の感染、薬害、ストレスの3つが大きな原因であると言われています。

 

子供の十二指腸潰瘍の原因の80〜90%はピロリ菌が原因であり、ピロリ菌を除去しない限り、十二指腸潰瘍を繰り返し、吐血を発症してしまうようです。

 

また、薬害では、非ステロイド系解熱鎮痛剤の副作用が多く、この薬によって体の防御機能が抑えられてしまうことで潰瘍が出来やすくなり、子供に吐血が見られることがあるようです。

 

最後にストレスですが、子供がストレスだけで吐血することは少ないものの、ピロリ菌に感染していたり、胃粘膜の炎症がある中でストレスが加わると、「ストレス性潰瘍」を発症し、吐血してしまうことがあるのです。

 

子供の吐血原因になる十二指腸潰瘍の症状は、吐血以外には、みぞおちの痛みや吐き気、嘔吐、胸やけ、空腹時の腹部の痛みや背中の痛みなどがあるようです。

 

これらの症状を子供が訴えたら、すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

 

<子供の十二指腸潰瘍を防ぐ為に>

 

十二指腸潰瘍は放置してしまうと、粘膜からの出血を繰り返し、潰瘍が進行し、十二指腸や胃に穴が開いてしまうことがあります。

 

また、子供が十二指腸潰瘍による吐血や痛みを繰り返す不安から、夜中の痛みや不安で睡眠が浅くなったり、眠れなくなる睡眠障害を起こすこともあるのです。

 

そのような十二指腸潰瘍を防ぐ為には、まず第一にピロリ菌の検査及び除去が不可欠です。

 

ピロリ菌は除菌薬の服用で除菌可能であり、再発の可能性を軽減できる可能性が高い為、精神的なストレス対策にもなります。

 

また、日常生活においては、不規則な生活を避け、刺激物(香辛料、カフェイン、炭酸飲料)を控えめにし、ストレスを上手に発散させることが大切です。

 

十二指腸潰瘍で吐血してしまう子供は、周囲に気を遣いすぎる子供や、いい子である為に自分の感情を押し殺してしまう子供、生活習慣が乱れている子供に多い傾向があります。

 

子供が十二指腸潰瘍で吐血してしまった場合は、病気への理解と共に、子供の訴えには十分に耳を傾け、出来る限りコミュニケーションをとるようにしましょう。


スポンサーリンク