新生児の吐血

スポンサーリンク

赤ちゃんの吐血は新生児メレナ?

生まれたばかりの赤ちゃんが、茶褐色の吐血やコールタールのような血便をしたことはありませんか?

 

実はその症状は『新生児メレナ』という消化器官の出血かもしれません。吐血や血便をもたらす新生児メレナとは、一体どのような病気なのでしょう?

 

 

<新生児メレナとは何ですか?>

 

新生児メレナとは、ビタミンK欠乏が原因で吐血や血便をもたらすの『真正メレナ』と、出生時の母親の血液を排泄することで吐血や血便を生じる『仮性メレナ』の2種類があります。

 

以前は新生児メレナ=ビタミンK不足による出血性疾患だと思われてきましたが、最近の調査により、吐血や血便をもたらす消化管出血の原因は様々なものがあることが判明したようです。

 

新生児メレナの主な症状は、茶褐色の吐血とコールタールのような血便が特徴です。症状が悪化すると、血便は鮮血が混じり始め、皮下出血や臍出血も発症するようになるそうです。

 

真正メレナの場合は、消化管の出血場所によっては、非常に危険な状態に陥ることもある為、注意が必要です。

 

また、生後3週間以降に、新生児メレナと診断された場合は、吐血や血便だけでなく、頭蓋内出血の恐れもあるそうです。

 

 

<新生児の真正メレナとは?

 

新生児メレナの中でも真正メレナは、赤ちゃんが生まれた時の、ビタミンK蓄積量不足が原因であるようです。

 

ビタミンKは、血液を固まりやすくしたり、骨の形成に役立つ働きがあります。

 

しかし、ビタミンKをお母さんの胎内で摂取出来なかった赤ちゃんは、ビタミンK不足により、血液が固まりにくくなり、出血しやすいことから、吐血や血便が出てしまうのです。

 

また、血液が固まりにくいところに腸内細菌が入ることで、消化器官の粘膜から出血することで、吐血や血便になることも多いようです。

 

よって新生児真正メレナによる血便や吐血は、消化管の異常を示し、食道炎や出血性胃炎、急性胃粘膜病変、胃潰瘍、胃穿孔、十二指腸潰瘍などを発症していることを意味します。

 

新生児真正メレナは、ビタミンK2の投与で不足分を補うことで治療可能ですし、出血量が多い場合は、輸血も併用することが多いようです。

 

進行することで、脳内出血を起こすこともありますので、赤ちゃんに新生児真正メレナによる吐血や血便の疑いがあれば、直ぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

 

<新生児の仮性メレナとは?>

 

一方、新生児仮性メレナは、授乳の際に出血している乳首から、血を飲んでしまった場合や、分娩時に出血を飲み込んでしまった場合、それらの血液を吐きだす為に吐血や血便となることを言います。

 

これらは誤って飲み込んでしまった血液を排出する為ですので、ビタミンK不足ではなく、特に治療の必要はありません。

 

 

<新生児メレナの予防法とは?>

 

最近では、ほとんどの産婦人科で、赤ちゃんが生まれた時と退院時に、ビタミンKシロップを赤ちゃんに飲ませるそうです。

 

その為、赤ちゃんはビタミンK不足が補われることにより、新生児メレナの発症率は下がってきているそうです。

 

また、ビタミンKは脂溶性の為、母乳からも摂取しやすいですが、母親のビタミンKの過剰の過剰摂取は逆効果になります。

 

実はビタミンKの過剰分は排泄されず、体内に蓄積するそうですので、母親がビタミンKを過剰摂取して、母乳を通して赤ちゃんに伝わると、新生児黄疸が強く出てしまい、脳に影響が出てしまうこともあるようです。

 

ビタミンK不足は血便や吐血をもたらす新生児メレナの原因ではありますが、過剰摂取も危険ですので注意するようにしましょう。


スポンサーリンク